トップページ | 市場とおじさん »

すし屋のゴンジの独り言

はじめまして。すし屋のゴンジと申します。

美唄の銀座街ですし屋をしています。 よろぴく

清寿しと 言います

。 私は、昭和33年12月13日南美唄に生まれ、 三井美唄小、三井美唄中、岩見沢東高、 1年浪人して東京電機大で2年の夏休みまで学び??

実家に帰り父の元で修行し、 南美唄のたから寿しを継ぎました。

当時、母が糖尿病の末期で、 父と妹(当時高3)が店をしながら看病してました。

まあ、そんなこんだで学校を辞めて、 家業を学びながら、 家族の為に頑張るのも道かなあと思い帰ってきました。

20歳で帰ってきて2年後に、 母は亡くなりました。

365日自分も糖尿ながら店をし、 時に吹雪の中でも北大病院まで連れて行き、 帰ってきてからも休まず店をするような父に、 母は『(亡くなって)3日たったら 新しい嫁もらっていいから あなた達(私と妹)は反対しない』でと・・・。

その後父も再婚し(46歳)、 まだ1人前出ない私を1人前にする為に、 札幌のすし屋へ修行にだすか、 それとも失敗しながらの自分でいろいろ学び銀座街に 支店を出すかになり、 23歳の春に清寿しを出しました。

当時清寿しは、岸谷広美さん(キングスター、大将など 経営しておられた)がされてました。

しかし、奥さんがやっておられた 『俺んち』という カラオケスナックが繁盛していた為、すし屋をやめて もっと大きいスナックをしたいと思っていたころでした。

それで店を買い、そこで7年やりました。

その後、父の師匠である故・景山軍平さん(めおと鮨の大将) が店をたたむにあたり、 孫弟子に当たる私に譲っていただくことになり、 今の店で営業を始め、もう20年になります。

まあ ごく簡単に? 私と店について語らしてもらいました。 後にもう少し、詳しく語る時もあるかもしれません。

私の店は、以前『50種くらい50円より』 という大きな看板をだしてたので、 覚えておられる方がおられるのでは・・とおもいます。

  おいしいもの、 珍しいものを、 出来るだけ安く食べていただきたい! と思い、頑張ってます。

それらは、のちに・・・ あと 私の趣味は 中途半端ばかりですが・・ 旅行、高校野球観戦、総合格闘技観戦(特に前田日明フアン)、 あと音楽では Kポップス(コリアン)が好きです。 これから、頑張っていろいろ書き込んでいくのでヨロピく!

クリック お願いします

|

トップページ | 市場とおじさん »

未分類」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すし屋のゴンジの独り言:

トップページ | 市場とおじさん »