トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

松川かれい

30日に市場で買った面白いものは、 ミル貝松川かな・・・

しゃこは1000匹以上買えた

ミル貝は北海道では採れない貝だけど、 おいしいから市場にあれば、 よっぽど高くない限り買ってくる。

磯臭く、さくさくとした歯応えもあって・・・ 松川は、 一応幻の魚と呼ばれてる。

市場でもあまりない。 今日は、小さいのを売ってた店が2軒。 あとは活で1匹あった。

小さいので2匹買った。 まつかわはすごく歯応えがある白身魚。かれい。

名前は4つ持ってる。 ある時は 松川、 また、ある時は 鷹の羽がれい。

また、ある時は、たんたか

おいしいのにあまり知らされていないという ことで賞品もつけて新しい名前も募集した。

王蝶という立派な名ももらった。 かれいの王様と・・・

でも、 誰も王蝶という人はいない。

あれは、何だったんだろう・・ でも、名前は同じでも、 うまいモンはうまい。

特にえんがわは絶品。 ものすごい歯応え。

平目のえんがわは、じぇんじぇん歯が立たない。 それくらいすごい。

えんがわは、身の大きさの割にはでかい。 なべあつ、いや肉厚

力強く泳ぐんじゃないかな〜 だからプリプリだと思う。

でも子はものすごく小さい、 幻の魚になるのもしょうがないネ。

で、今は稚魚を放流してある程度大きくなったものが市場に入荷する。

まるっきりの養殖もたまにあるけど、 水っぽいし、歯応えないし、 変に油あったりしてだめ

食べたことない人は1度は食べてみることを勧めます。

あと、今日はちょっと寝坊して、 いつもより30分くらい遅く市場に着いた。

きょうは、去年自分が行った時には 1度も見なかったおこぜが売ってた。

でもでもでも、 買おうとしたら、もう全部売約済み言う。 残念 逃がした魚はでかいおこぜはすごく小さいけど・・ で、今ちょつと前に売れたばかりなんだよ・・

今日はすごく安かったのに・・・ と余計なことばかり言う。

おこおぜ しかし 毎度横山です メガネメガネ・・

おこぜは本州の魚。 高級魚。松川以上のプリプリ

魚大きな骨抜きでも、中々骨抜けないくらい。 おいらが知ってる魚の中ではNO1

でもでもでも ものすごく鋭い背びれがある。

指にぐすっと刺さる。 本当にぶすっと行く。 で、おろす前に、はさみで背びれを切る。

で、背びれには毒がある。 きれいな花にはとげが・・・ うまい魚にもとげがある

おじさんには、ひげがある。 内の女房にも・・・ おっと、 ぼく毒ちん・・ いや独身だった・・・

クリック お願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厚田に『しゃこ』

5月29日、今日は朝早くから円山球場へ 春の全道高校野球を観にいってきた。

早朝から3試合観てきた。 毎年、春夏秋と3回行く。

大体、木曜日。 木曜日は、店の営業時間がPM8:00までなので、 観た後は、すぐ帰ってこず店を休ましてもらっている。

今朝もAM2:00まで店してて、 あまり寝てなかったからうとうとしながら観てた。

明日は、札幌の市場だから早く寝よう。

先週 市場行った時は、 珍しいものとしては おじさん白ミル貝子持ちしゃこ(特大)を400ヶ位買った。

しゃこは、今が旬。 4月末から多分7月頭位まで漁あるはず。

厚田は春のみ。 小樽は春と秋に漁がある。 春は、子がいっぱい入ってておいしい

1日でも早く買えば買うほど子が多い。 先週のもしっぽまでびっちり子が 入っていた。

今週も1000匹くらい予約注文して 冷凍庫に入れておいてもらってる。

更に何100匹注文したら 冷凍庫びっちりになって 自分(水産会社)所の入れる分 無くな

って来るし違う所に預けると お金がかかると言われてしまった。

今日は、どれだけもらえるのか・・・ で、何をかってこようか?

共食いの人がいっぱいでてもいいから 『おじさんは』あったら いっぱい買ってこよう

クリック お願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のれそれ

札幌中央市場で買うネタで 他に面白いものに のれそれがある。

春にしか入荷しませんが・・・ 穴子の稚魚です。

白魚にも似てますが もっともっとぺったら〜としています。

白魚の倍くらいの大きさです。 軍艦にします。

甘くて、 苦味もなく、 生臭くもなく、 すごく面白い食感なのです。

こうやって書いても、 来年まで食べれませんが・・・ごめんなさい。

のれそれ? なにそれ? って言ったおばあちゃんがいましたが・・・ 穴子です。

おなご痴女じゃありません。

私のブログには、 時々下ネタがはいるかもしれませんが、 お許しを・・・

クリック お願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市場とおじさん

うちの店清寿しは、 木、日、祭日はだいたいPM8時で閉店します。

まあ、中々バイトがみつからないこともあるし、 それらの日は夜暇なこともあるし、

おじさん真っ只中で体力的な事もあるし・・・ で、金曜日に宴会でも入らない限り、 金曜の

朝は、札幌中央市場に行きます。

だいたい朝5時出です。 札幌まで行くと、 美唄では手に入らないものも多くおもしろいですよ。

もう 6〜7年くらい通ってるかな?

前は、3日に1ぺん位行ってて・・・冬も。 でも、帯状疱疹になって・・・あれは痛かった・・・

その後、その日の朝に注文して、 その日の昼過ぎに配達されるところ見つけて・・

クリックお願いします

で、今は 週1回くらい市場に行って、 あと2回くらいは送ってもらって・・

面白い魚、貝とかありますよ〜

九州で獲れる『おじさん』とか! 正式名称がおじさん。 ちゃんと、おじさんって魚辞典にも

載ってる。 市場では、鯉って言ってる。 海鯉って書いて、『こい』って・・・ なぜ『おじさん』

かって言うと、 ひげが生えてるからなんですよこれが・・ わらっちゃう顔してますよほん

と! でも食べるとすごくおいしい。

皮は赤いんだけどうちでは 皮と身を分けてすしにしてる。

皮に大目に身を付けてきり、 そちらはあぶって食べてもらう。 身はしまっててぷりぷりし

てる。 皮も食感がすごく良い。 ほんと『おじさん』は、人気あるんですよ〜 ほんと、どっちのも??

九州の魚は、捕って夕方航空便で送って、 で、次の日の朝には札幌の市場に並ぶ。

だから、へたに トラックで運ぶより生きが良い。 うちのおじさん生きはどうだろ・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すし屋のゴンジの独り言

はじめまして。すし屋のゴンジと申します。

美唄の銀座街ですし屋をしています。 よろぴく

清寿しと 言います

。 私は、昭和33年12月13日南美唄に生まれ、 三井美唄小、三井美唄中、岩見沢東高、 1年浪人して東京電機大で2年の夏休みまで学び??

実家に帰り父の元で修行し、 南美唄のたから寿しを継ぎました。

当時、母が糖尿病の末期で、 父と妹(当時高3)が店をしながら看病してました。

まあ、そんなこんだで学校を辞めて、 家業を学びながら、 家族の為に頑張るのも道かなあと思い帰ってきました。

20歳で帰ってきて2年後に、 母は亡くなりました。

365日自分も糖尿ながら店をし、 時に吹雪の中でも北大病院まで連れて行き、 帰ってきてからも休まず店をするような父に、 母は『(亡くなって)3日たったら 新しい嫁もらっていいから あなた達(私と妹)は反対しない』でと・・・。

その後父も再婚し(46歳)、 まだ1人前出ない私を1人前にする為に、 札幌のすし屋へ修行にだすか、 それとも失敗しながらの自分でいろいろ学び銀座街に 支店を出すかになり、 23歳の春に清寿しを出しました。

当時清寿しは、岸谷広美さん(キングスター、大将など 経営しておられた)がされてました。

しかし、奥さんがやっておられた 『俺んち』という カラオケスナックが繁盛していた為、すし屋をやめて もっと大きいスナックをしたいと思っていたころでした。

それで店を買い、そこで7年やりました。

その後、父の師匠である故・景山軍平さん(めおと鮨の大将) が店をたたむにあたり、 孫弟子に当たる私に譲っていただくことになり、 今の店で営業を始め、もう20年になります。

まあ ごく簡単に? 私と店について語らしてもらいました。 後にもう少し、詳しく語る時もあるかもしれません。

私の店は、以前『50種くらい50円より』 という大きな看板をだしてたので、 覚えておられる方がおられるのでは・・とおもいます。

  おいしいもの、 珍しいものを、 出来るだけ安く食べていただきたい! と思い、頑張ってます。

それらは、のちに・・・ あと 私の趣味は 中途半端ばかりですが・・ 旅行、高校野球観戦、総合格闘技観戦(特に前田日明フアン)、 あと音楽では Kポップス(コリアン)が好きです。 これから、頑張っていろいろ書き込んでいくのでヨロピく!

クリック お願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年6月 »